日産 セレナの査定額アップ

1991年に「バネットセレナ」として販売された日産自動車のミニバンセレナは、ホンダのステップワゴンやトヨタのヴォクシーなどと同じ種類で、子供がいる家族向けの車種です。現車種は、2016年8月に発売された5代目C27型で、運転支援技術の先駆けの単一車線運転支援技術を搭載しています。セレナは、ミニバンとしては、常に上位の人気車種ですが、特に地方の子供がいる家族が買う傾向が高く、地方の中古車市場に出回る台数も多いです。そのため、セレナは、特に地方では高価で売ることが難しいです。では、どのように高値で買い取りしてもらうのが良いのでしょうか。まずは、インターネット上にある、一括査定サイトから見積もり依頼を行うことがベターです。
 また、セレナを売るタイミングはいつがよいのでしょうか。最初に記載した通り、セレナには、5代目C27型で単一車線運転支援技術が導入されました。この技術は特に高速道路では有効な技術で、定期的に旅行にいくような家族は、旧型のセレナを手放し、新型セレナを買う可能性が高いです。買い換えが進めば進むほど、業者の買取価格が下がる可能性があります。遅くとも2017年終わりまでが旧型セレナを売るタイミングでしょう。