トヨタ カローラフィールダーの査定額アップ

トヨタ自動車で生産されているカローラ フィールダーは、ステーションワゴン型の乗用車です。そのカローラ(ワゴンタイプ)の歴史は長く、1982年5月にカローラツーリングワゴンとして販売されました。トヨタカローラ店が取り扱いを行っていますが、この「フィールダー」という意味は、「フィールドに出て遊ぶ人(クルマ)」という造語だそうです。
フィールダー自身は、カローラツーリングワゴンの後継モデルとして2000年より販売され、セダンに比べ、全長は20mm長く、全高も50mm高く設定されています。
 現在は、トヨタカローラ店の全国の販売力を活かしながら、カローラシリーズの主力として、個人向けだけではなく、法人向けにも販売され、カローラシリーズ内で高い販売比率である。最近は、プリウスαというプリウスのステーションワゴンモデルが人気ですが、今なお人気車種として販売されています。

 さて、カローラ フィールダーを売却の際、個々の中古車買取店を回ってはいけません。今は、インターネットの普及により、需要と供給の関係を考慮した、つまり市場動向に即した買手に買ってもらうことができるようになりました。地元のディーラーやメーカーの中古買取店に売却や下取りしてもらうより、こちらに見積もり依頼をしてもらった方が有効です。車の製造年、走行距離にもよりますが、地元のディーラーやメーカーの中古買取店より数10万円くらい上乗せした金額で買取してもらうことも多いようです。
カローラ フィールダーを売る際には、インターネット上の一括査定依頼を一度お試しください。