日産 フェアレディZの査定額アップ

 日産自動車のスポーツカーとして人気のフェアレディZは、通称「Z」と呼ばれ、海外では、「DATSUN」または「NISSAN」の社名で「NISSAN 370Z」として販売されています。
 フェアレディZの歴史は長く、1969年に先代モデルのダットサンフェアレディの後継車種として販売されました。開発や販売企画は、当時の米国日産の社長であった片山豊氏で、ヨーロッパ製の高級GT相当のスペックを持ちながら、低価格であったことや、アメリカ市場でのニーズに完全に適合していたため、北米市場では、大ヒットしました。当時の人気は相当なもので、10年に渡り世界総販売台数55万台が販売されました。これは、スポーツカーとしては空前の記録で、日産というブランドではなく、「DATSUN」というブランドが世界に名をはせる日産最高の車種です。
 1996年には、北米で300ZX(Z32型系)の販売が中止になりましたが、根強いファンからの強い要望によりビンテージZという車種が出来上がったほどです。

さて、日産 フェアレディZを売る場合どのようなステップを踏むべきでしょうか。
フェアレディZの場合、あまりあり得ないかもしれませんが、お付き合いのあるディーラーや車屋さんに下取りや廃車処理を頼んでしまったという方もいらっしゃるでしょう。このような方々は残念ながら、下取り時に損をしている可能性が大です。
 理由は簡単で、下取りの場合、ほぼほぼディーラーや車屋さんの一存で決まってしまいます。そのため、果たして正確な査定ができているかは不明です。21世紀も16年経過した今、賢い方はどうしているかというと、インターネット上の一括査定サイトというものを利用しています。ここで、買取業者に価格競争をしてもらうのが得策です。いくつかの業者に同時に査定依頼を行うことで、売値が数十万円異なることもあります。
 ぜひ、一度利用してみてください。