スズキ アルトラパン の査定額アップ

スズキのハッチバック型軽自動車として販売されている車種はアルト ラパンですが、2001年の第35回東京モーターショーに出品され、軽セダンのアルトを基準に設計されています。
丸みのある外観デザインと、広い室内空間を確保した5ドアセダンは、若い女性層にマーケティングアプローチをするために開発された車種で、ゆとりや乗り心地の良さを考慮されています。また、淡い色を中心にボディカラーを設定しています。
これらの点が、20代から30代の若い女性の志向にマッチし、ユーザーの9割は女性だそうです。なお、初代のモデルは、OEMとしてマツダ向けにスピアーノとして供給されていました。
 なお、3代目は、社内の商品企画や技術企画のスタッフなどが、「女性ワーキンググループ」を立ち上げ、企画、マーケティング、開発の各フェーズで、参加しています。

 さて、スズキ アルトラパンを売却の際、近所の中古車買取店をいくつも回ってはいけません。今は、インターネットの普及により、市場動向に即した買手に買ってもらうことができるようになりました。地元のディーラーやメーカーの中古買取店に買取や下取りしてもらうより、こちらに見積もり依頼をしてもらった方が時間の浪費にもならず効率的です。車の製造年、走行距離にもよりますが、地元のディーラーやメーカーの中古買取店より数10万円くらい上乗せした金額で買取してもらうことも多いようです。
スズキ アルトラパンを売る際には、インターネット上の一括査定依頼を一度お試しください。