スバル インプレッサの査定額アップ

 富士重工業で人気のインプレッサは1992年に発売開始されましたが、レガシィの下位モデルという位置付けで登場しました。スバルの世界戦略車としての役割もあります。
 現在は5代目で、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初めて採用された車両です。この車両は、ボディ構造を再構成し、高張力鋼板を適切な位置に配置したことにより衝突時のエネルギー吸収量を向上し、前モデルの1.4倍となっています。また、操舵応答性と操舵安定性も大幅に向上されています。
 さらに、「EyeSight」や、歩行者保護エアバッグも全車に標準装備しています。この歩行者保護エアバッグは、歩行者と衝突した際に、瞬時にフロントガラスとAピラー下端をエアバッグで覆うという技術で、歩行者の頭部を守る技術です。

買取に関してですが、他の車種でも同じですが、少しでも高い金額で売りたければ以下のステップを踏んだほうがよいでしょう。
[ステップ]
① まず初めに買取依頼をする車の年式、いままでの走行距離などを把握する。
② 次に、ご自身でインターネット上の中古車市場の販売額を把握する。
③ インターネット上にある複数の一括査定サイト経由で査定依頼を行う。
④ インターネット上の一括査定サイトで依頼した複数の買取業者から連絡がくる。
⑤ 実際に買取業者3社くらいまで査定を行ってもらう。この際、1回目の査定は、業者の希望価格(つまり市場より安い査定)を言ってきますが、承諾はNGです。
⑥ 2-3社、⑤と同様のアクションを行う。
⑦ 買取各社の見積もり金額をベースに、金額の妥協点をご自身で判断し、売却金額を決める。
⑧ 売却手続きをする。