栃木県の事故車買取

事故車買取、栃木県であった実際の事例

事故車という物は、概して安値がつく、殆どの人はそのように考えている傾向がある。
そのような背景が有るので、事故車を手放す人の多くは、
査定額に文句を言う人は先ずいないと見てよいだろう。
しかし、この常識は、事故車買取業者の側から流された情報と言って良い。
事故車買取業者という存在は、中古の事故車をできるだけ安く買い取って、
部品を交換して高値で売りさばくことを生業としているのである。
故に、少しでも安く買い取ることのできる事故車を探しているのである。
しかし、事故車ほど、査定額に差が出る物も珍しい。
実際に、栃木県であった事例であるが、損傷が大きく、
スクラップと思われた自動車が、適正な価格で取引されると、
普通の中古車と同じ値段であったそうだ。
なぜ、このようなことが起こったのか、
栃木県は、首都圏の中でも、中古販売、買取業者の事業所が多い場所なのである。
事故車買取で、安く買いたたかれる場合もあるが、
一方では良心的な買取も行われていて、その落差が大きいのである。